打つ手なし - 虎キチ社長の優雅じゃない1日

神宮球場での対ヤクルト戦。

昨年、シーズン96敗を喫して

球団ワースト記録を更新した

ヤクルトは首脳陣と選手補強等を

進めて、今季は大飛躍の2位

対する我が虎は、昨年堂々の2位

今季のシーズン直後は、2連覇中の広島の

対抗馬として優勝候補筆頭

指揮官も気合充分、自信満々だったはずでしたが

シーズン中盤辺りから坂道を転げ落ちるように沈み

最下位濃厚

こうも極端なシーズンは珍しいと思います

案の定、試合が始まれば好調ヤクルトの

独断場

地元神宮だから仕方ないとしても甲子園でも

同じような展開

でも今季シーズン当初は、我が虎の方が押して

いたかと思います。

3連戦を勝ち越しや3連勝とかしていたはず

1つでも歯車が狂いだす戻せないのですね

同じVTRを観ているような岩貞投手の立ち上がり

プロ野球ニュース解説の金村氏は「前回の反省点を

修復せず毎試合同じミスばかり・・・」とご立腹

とにかく、各選手のやる気を全く感じない

最初から諦めていると言うか、冷めていると言うか、、、

結局、岩貞投手は四回4失点で降板

若手中心の打線も精彩を欠いて、四回まで僅か1安打

五回から七回までは3イニング連続で併殺を記録し、

好機を潰し続けるありさ

「打てない抑えられない」で完敗

まさに『打つ手なし』と言った感じです

これで17年ぶり(96年)対ヤクルト9連敗

残り4戦全勝しないと「17年ぶりの最下位フィニッシュ」と

なります

この際それでも良い気がします

昨年のヤクルトがそうだったように

球団上層部も危機感を持ってくれるはずです

求心力が無くなってしまった指揮官に

来季もチームを託すつもりでしょうか???

今後のなりゆきを静かに見守ります

京王線 調布・府中近郊のお部屋探しは?蘆川(あしかわ)商事へ